西暦 元号          主 な 出 来 事
729
〜748
天平年間  儀光上人が大由利の寺床に十一面観音像を祀る
1094 嘉保元年  二神島に八幡宮を勧請(「忽那嶋開発記」)
1278
〜1288
弘安年間  由利島、津波などの被害があり無人島化
1321
〜1323
元享年中  豊田種家が長門国から二神島に移住《推定》
1330 元徳2年  二神吉種(法善)大般若経を八幡宮に奉納(奥書記載)
1333 元弘3年  豊田種長「星ノ岡・平井城の戦い」に幕府方で参戦
1337 建武4年  豊田種治(種家の叔父)幕府より越前国の領地を給与
1346 正平元年  僧道密、法善ら、二神嶋八幡宮の大般若経を修理
1364 正平19年  河野通尭、九州太宰府に逃れ二神種直同行する
1367 正平22年  二神種直、宅並城主となる(「二神氏系図伝書略記」)
1368 正平23年  種直、伊予国で権勢回復の通尭を屋代島に出迎える
1431 永享3年  二神家経、大般若経を二神島の宇佐八幡宮に奉納
1434 永享6年  二神家経、箱2個作製,大般若経を二神島宇佐八幡奉納
1465 寛正6年  二神種、河野教通に味方し、道後で戦死
1479 文明11年  阿波の細川義春侵攻、二神家直は宅並城を拠点に応戦
〃    〃  家直、戦功で風早郡粟井郷安岡名、友兼名、宮崎分を安堵
1481 文明13年  粟井郷段銭職に就いた家直,河野氏家臣団の位置を確立
1486 文明18年  二神式部丞に河野氏が二神家総領職を安堵
1520 永正17年  河野通直、二神藤二郎(左馬助)、弥五郎に充行状
1542 天文11年  河野晴通より二神弥五郎(兵庫助)に充行状
1545 天文14年  二神孫右衛門、河野通直より河原分所有の留保を承認
〃    〃  同、二神左衛門尉に大浦八幡宮の神主職の留保を承認
1546 天文15年  二神通範、河野通直より所領相続の承認
1549 天文18年  二神源三郎、河野通直より「和気郡内所領」を安堵
1551 天文20年  二神兵庫助、河野通直より「二神島作職」を安堵
1552 天文21年  宅並二神衆に安堵状発給。鴨部郷新田分を新たに安堵 [地図]
1570 永禄13年  河野氏は二神重成に対し村上通総との交際断絶を指令
1572 元亀3年  毛利軍、伊予に侵入、二神氏は恵良城攻防戦で奮戦
〃    〃  二神通範,伊予侵入の阿波三好氏を大野氏等と協力撃退
1573 天正元年  二神越後守は3月、喜多郡の大野直之の城を攻撃
1579 天正7年  鹿島城代、二神豊前守は来島通総と風早郡の占領に失敗
1582 天正10年  二神重成,通総威圧で大島,中島に来襲した毛利軍を撃退
1585 天正13年  二神通範、高穴山城で小早川隆景軍と戦い奮戦後降伏 [地図]
1587 天正15年  二神氏、安芸国竹原で没した河野通直の年忌供養継続
1592 文禄元年  二神通種,種範兄弟,文禄の役に来島通総軍に所属し出陣
1601 慶長6年  二神之慶、二神著勝、豊後森転封の来島康親に同行
1603 慶長8年  10月、加藤嘉明 松山城に入る。
1616 元和2年  7月15日 二神氏宗家7代目二神通範没 ?歳
     この頃の二神氏宗家8代目二神通種の消息が未確認
1627 寛永4年  宗家二神系譜、加藤嘉明の会津転封に伴い二神島帰農
1628 寛永5年  4月10日 二神氏宗家9代目二神家種没 ?歳
1644
〜1647
正保年間  二神八右衛門種忠、庄屋に任命される。
1657 明暦3年  9月9日 二神氏宗家10代目二神種長没 ?歳
1662 寛文2年  由利島を肥草山として利用する
1676 延宝4年  二神島安養寺の本寺は松山領内真言宗の頭寺石手寺
1682 天和2年  城辺二神系譜二神正種、御荘組初代の在郷代官になる
1688 貞享5年  6月7日 二神氏宗家11代目二神種忠没 ?歳
〃    〃  二神正種、城辺町庄屋となる
1725 享保10年  1月4日 二神氏宗家12代目二神種次没 85歳
1727 享保12年  松山藩主が由利島で鹿狩りをする
1737 元文2年  史料「二神村庄屋役代々相続一子相伝遺書之事」(文書)
1741 元文6年  由利島を10ケ年伊予部の肥草山にするとの藩より沙汰
1745 延享2年  7月29日 二神氏宗家13代目二神種永没 80歳
1751 寛延4年  「二神喝八幡宮伝記」書かれる(「二神文書」)
1765 明和2年  2月29日 二神氏宗家14代目二神種信没 69歳
1768 明和5年  松山藩による、由利島召し上げ事件発生
1770 明和7年  1月、二神藤右衛門尉種章仏像・仏具などを寄進
1775 安永4年  種章、由利神社を再建
1777 安永6年  豊後森藩家来、得能新三郎・二神国次親子、二神島訪問
1778 安永7年  二神種章「百合嶋録」「油利嶋(寛文2〜安永7)」書写
1792 寛政4年  二神種章「二神家未家之次第」書写
1794 寛政6年  8月1日 二神氏宗家15代目二神種章没 61歳
1807 文化4年  二神藤右衛門種福,風早島一郡追放(二神村由緒親類付)
1808 文化5年  8月、伊能忠敬一行が忽那諸島測量
1820 文政3年  12月14日 二神氏宗家16代目二神種福没 62歳
1822 文政5年  豊後森藩士 二神瀬兵衛種村 二神島を訪問、当主不在
1829 文政12年  二神村の船数50隻(「二神文書」)
1857 安政4年  8月、10世蘭秀和尚の時、安養専修復
1859 安政6年  安養寺の脇仏「観音菩薩、勢至菩薩」修理
1864 元治元年  8月、第一次長州征伐
1865 慶応元年  4月、第二次長州征伐
1866 慶応2年  二神氏宗家17代目二神種伍没 71歳
1867 慶応3年  二神氏宗家18代目二神種式没 45歳
1874 明治7年  安養寺に由良分校設置。明治12年に松島学校開設。
1876 明治9年  二神島の船82隻(「第12大区9小区二神村船明細帳」)
1878 明治11年  二神港の魚類輸出高,鯛440貫、ハマチ50貫、蜜300貫
1886 明治19年  二神島の本籍戸数127戸、673人。
1889 明治22年  二神村ほか3ケ村で「神和村」となる。
1900 明治33年  由利島をめぐり新刈屋漁民との紛争、二神仲次郎尽力
1903 明治36年  二神漁協結成 初代組合長二神仲次郎
1904 明治37年  由利島に明神神社建立。
1908 明治41年  二神島 戸数163戸、1008人、耕地67町。由利島 5戸26人
1925 大正14年  東大史料編纂所「本島二神文書」39点を収集
〃    〃  東大史料編纂所「吉木二神文書」8点を収集
1928 昭和3年  7月23日 二神氏宗家19代目二神種倫没 65歳
1931 昭和6年  東大史料編纂所「片山二神文書」8点を収集
1932 昭和7年  菅菊太郎「二神島の研究」伊豫史談会に発表
1933 昭和8年  梨岡素岳銅像が弟子達の手で、二神島本浦の丘に建立
1942 昭和17年  二神島島内で自家発電開始
1954 昭和29年  8月21日 日本常民研の網野善彦氏、二神島を初訪問
1957 昭和32年  海底ケーブルによる二神島への送電始まる。
1959 昭和34年  神和村は合併して「中島町」となる。
1961 昭和36年  二神島と由利島との間に電話が通じる。
1964 昭和39年  二神漁協組合員数182人、農業組合員数160人(重複有)
1983 昭和57年  神奈川大学日本常民文化研究所へ二神文書を寄託
1995 平成7年  8月「二神島シンポジウム」開催
1996 平成8年  3月 神奈川大学日本常民文化研究所等二神家墓地調査
1999 平成11年  豊田町一ノ瀬訪問団、二神島来島、安養寺へ「館の椿」を植樹
〃    〃  8月4日 二神氏宗家20代目二神司郎没 91歳