西暦 元号 主な出来事
979 天元2 藤原隆家、道隆の第4子として生まれる
990 正暦元 藤原道隆、関白となる
1006 寛弘3 藤原經輔、隆家の第2子として生まれる
1014 長和3 隆家、大宰権師となる
1019 寛仁3 隆家、筑前に来襲した刀伊を撃退する
1029 長元2 豊田氏の祖、藤原長房、經輔の第2子として生まれる
1054 天喜2 藤原長房、周防介となり赴任する
1066 治暦2 長房、周防権守となる
1069 延久元 長房、神上山大御堂を再興する
1084 応徳元 長房、再び周防権守となる
1084 応徳元 この頃豊田氏2代大和守輔平豊田郡司として定住する
1086 応徳3 3代輔行(長房嫡男)豊田郷に定住する
1092 寛治6 長房、大宰府大弐を兼ね大宰府に住す
1167 仁安2 7代種弘、豊田郡大領(郡司)となる
1281 弘安4 元軍来襲、大内氏・厚東氏と共に11代種貞防戦にあたる
1302 正安4 浮石八幡宮、豊田種貞が創建?
鎌倉末期 種冶、14代種秀の時、東殿を向山より御幣司へ分立
1333 元弘3 北朝・正慶2)種藤・種本・種長ら、長門探題方で戦う
1336 延元元 北朝・建武3)種治、足利尊氏・直義に従い京都に転戦
1337 延元6 北朝・建武4)足利尊氏、種治に越前国主計保半分を与る
1351 正平6 北朝・観応2)種本、厚東方の小野氏討伐で討死する
1352 正平7 北朝・文和元)種治、向津具庄の新日吉神社社領を掠奪
〃   〃 ・ 〃  )12代種長、一ノ瀬で自決する
〃   〃 ・ 〃  )足利直冬九州を追われ種藤の豊田氏館に潜む
1353 正平8 北朝・文和2)埴生孫右衛門、求休庵で種長の菩提を弔う
1354 正平9 北朝・文和3)足利直冬、再び豊田氏を訪れる
1363 正平18 北朝・貞治2)豊田氏、守護職下の豊浦奉行となる
1365 正平20 北朝・貞治4頃) 種治,新日吉社領掠奪、豊前宇佐に配流
1374 文中3 北朝 ・応安7)大内氏菩提興隆寺に豊田三郎,神馬を寄進
南北中期以降 豊田氏15代種世の弟種家、相続争いに敗れ二神島に移住
1407 応永14 16代儀種・義種(東殿)、興隆寺に一切経を奉納する
1486 文明18 大内政弘、豊田大和入道元秀に一ノ瀬50石を与える
1544 天文13 19代種貞、東八幡宮に善神王像を道立、狛犬を寄進する
1553 天文22 東八幡宮の社坊東光山日輪寺が秋の大祭の時に全焼する
1555 弘治元 大内義長、日輪寺焼失を責め20代房種を追放する
1556 弘治2 房種自決し、豊田における豊田氏亡ぶ